お薬について
かかりつけ薬剤師とは?

平成28年4月より「かかりつけ薬剤師制度」が新たにスタートしました。

患者さまに薬剤師を指名していただくことにより、毎回同じ薬剤師が「かかりつけ薬剤師」として担当することになります。

専属の「お薬パートナー」をもつことができる制度です。

 

同意書に署名をいただくことで次回から担当させていただきます。

かかりつけ薬剤師を決めるとどんな良いことがあるの?
①いつも同じ薬剤師がお薬のことを把握

お申込み時にお薬手帳にご指名いただいた薬剤師の氏名を記載し勤務表も貼付してお渡ししますので、ご参照ください。

 

担当の薬剤師が、複数の医療機関や薬局で受け取ったお薬や、市販薬・健康食品やサプリメントなどをまとめて把握して、重複したお薬が出ていないか、お薬同士やお薬と食品の飲み合わせ、お薬を飲む時に気をつける事などをアドバイスします。

②体調の変化の確認や薬の管理も万全に

来局いただいた際に、過去の服薬記録も含めて、患者さまの服用後の経過を継続してチェックしていきます。患者さまのお薬の効果や体調の変化をみて、必要に応じて医療機関へ連絡も行います。

また、たくさん余っているお薬がある場合、薬局にお持ちいただければ次回のお薬の調整を提案したり、ご自宅でお薬の確認・整理をお手伝いすることもあります。

③電話で相談でき、夜間・休日の対応も

患者さまの服薬状況を良く理解した薬剤師として、お薬や健康維持に関するご相談などにお応えします。夜間・休日などご利用の薬局が閉まっている時間帯でも、お薬についてのご相談などを承ります。