お薬について
おくすり手帳とは?
こんな時にお薬手帳が便利です

・旅行する時 ・薬局で薬を購入する時 ・休日当番医や救急病院を受診する時 ・引っ越して新しい医療機関を受診する時 ・災害にあった時

いつ、どこで、どんな薬を処方してもらったかを記録しておく手帳のことです。複数の医療機関の受診時や、引っ越しをした時など「おくすり手帳」を見せるだけであなたの薬をわかってもらえます。

おくすり手帳 5つの「い」いこと
あなたのおくすり手帳活用していますか?
医療機関にかかる時は必ず持って行きましょう

・薬の重複(同じ薬や似た効果の薬が重なる事)やよくない飲み合わせを未然に防ぎます。

・同じ薬による副作用の繰り返しを防止します。

・薬の使用の記録があることで、より安全に薬を使用することができます。

言いたい事や伝えたい事を書いておきましょう

・体調の変化や気になったこと、医師や薬剤師に相談したいことを書いておきましょう。

一般用医薬品・健康食品も記録しておきましょう

・思いがけない、よくない組み合わせ、食べ合わせが見つかることがあります。

いつも携帯・いつも同じ場所に保管しておきましょう

・旅行先で病気になった時や災害時に避難した時、救急の時などおくすり手帳があればあなたが飲んでいる薬を正確に伝えられます。

・ご家族にも、あなたがおくすり手帳を持っていることを知らせておきましょう。

一冊にまとめましょう

・飲んでいるすべての薬を「一冊で」記録することが大切です。
病院ごとや薬局ごとに別々のおくすり手帳を作らないようにしましょう。

保険証などと一緒にいつでも一冊だけお使い下さい。ページが全て埋まれば新しい手帳を差し上げます。